東大アメフト部「睡眠改善①」でストレス値も減少!

2020年2月8日(土)から行っていた東京大学アメリカンフットボール部に協力を得て

睡眠の実証研究を行ってまいりました。

その結果・成果が出てきたので一部こちらにも共有させて頂きます。

これまで睡眠(主観)テストや客観データ(生体データ)でも

睡眠の数値改善を行ってまいりましたが

今回はパフォーマンスの向上(心理面、肉体面)にも焦点を当てて研究を行ないました。

 

 

不眠症状の結果は

「不眠症の疑いが強い」71%     →  「不眠症の疑いが強い」14%まで減少

公的な「ストレステスト」も計測。その結果

今回は「肉体面」だけではなく、「心理面(ストレステスト)」の測定も同時に行いました。

 

睡眠改善によって「ストレス値テスト」平均13.5%低下。

受講前は

不眠に悩んでいる、かつストレスが強くかかっている人の比率が62.5%だったが25%まで低減

さらに、ストレステストの平均値が7.25になりストレスが適正な状態の範囲に入りました。

 

東大生は、他校と比べても非常に特徴的。

またどこかでそのお話はしたいと思います!!

他の数値改善については追って掲載してまいります。

 

 

 

\リモートワークの「体調管理」Webセミナーも開催中/

睡眠プログラムの詳細についてはこちら