東京大学アメフト部「睡眠プログラム」を開始!

この度2020年2月8日(土)から

Lifree株式会社は東京大学アメリカンフットボール部に協力を得て

睡眠の実証研究を開始いたしました。

これまで睡眠テストや客観データ(生体データ)でも睡眠の数値改善を行ってまいりましたが

今回はパフォーマンスの向上(心理面、肉体面)にも焦点を当てて研究を行ないます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初回の選手の初期睡眠状態は

・睡眠時無呼吸症候群レベルの選手が18名(20.2%)
・少し睡眠不足がある選手49名(55.1%)
・不眠症の疑いが強い選手が26名(29.2%)
・不眠症の疑いがある状態は18名(20.2%)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東大アメフト部の選手たちは
睡眠プログラムを強く受講したい・受講したい選手たちが合わせて53名(59.5%)
これまでで1番希望者が多いデータ結果でした。

まだいろんなことが解き明かされていない睡眠ですが

選手たちはとても興味を持ってセミナー受講をしていただきました。

 

2月末からはいよいよ睡眠改善プログラムが開始いたします。

また追ってご報告をさせていただきます。