ITジャーナリスト湯川鶴章様

成果

ープログラムで感じた効果・成果とは?ー

以下、湯川さん記事より抜粋:

2ヶ月強にわたるLifreeのコーチングプログラムが終了しました。

いろんな人から質問されるので、ここでその結果を報告をしたいと思います。

見た目はほとんど変わっていません。

ライザップのようなムキムキを期待していた人からは「あれ、あんまり変わってないね」と言われたりします。

実は僕のプログラム、減量を目指しているわけでも、マッチョになるためのプログラムでもありません。

僕にとっての目的はただ一つ。「ごきげんになる(フローになる)」ということなんです。

このことは、最初にコーチの角谷さん、サトウさんと話し合って決めました。

結果から言うと、圧倒的に「ごきげん(フロー)」な時間が増えました。

ごきげんかどうかって心の持ち方だと思っていたのですが、実は身体の影響が大きく、

身体の調子がいいと「ごきげん(フロー)」になるのだということを改めて実感しました。

それも食べ物一つで「ごきげん」の度合いが異なるということは、新鮮な驚きでした。

もともと「ごきげん(フロー)」の時間が長い方だと思っていましたが、このプログラムを続けていると、

どんどん「ごきげん(フロー)」の時間が増えていきました。今では、ごきげんの状態がデファクトになった感じがします。


ープログラムでは、どのように「ごきげん(フロー)」状態を作れましたか?ー

以下、湯川さん記事より抜粋:

実は、ごきげん状態とは自分の身体が知っていたのです。

お酒を飲んでごきげんになる人と気分が悪くなる人がいるように、口に入れるもの対する身体の反応は人によって千差万別。

これを食べたら、自分の体がどう反応するのか。この運動をすれば、体がどう反応するのか。

サポートを受けながら2ヶ月強に渡って、人体実験を繰り返してきました。

そして、自分の体内にあるセンサーを研ぎ澄ます。そのことにフィードバックを受けながら専念してきました。

体内センサーさえ研ぎ澄ますことができれば、あとはセンサーが生活習慣を僕に最適な方向にリードしてくれます。

つらい減量も運動も必要ありません。

自分にあった食事、休息、運動を追求していけば、身体の調子がどんどんよくなり、どんどんごきげんになっていきました。


ープログラムでのチャレンジで苦労したことや気付いた事は?ー

以下、湯川さん記事より抜粋:

まずは体内センサーをリセットするためにファスティングに挑戦しました。

多くの人が知ってる通り、僕は意思の力がゼロです。

朝食、昼食はヨーグルトでなんとか乗り切れたのですが、夕方になると我慢できなくなり、うどんを食べてしまいました。

改めて僕の意志力の低さを嘆きました。ダイエットは絶対無理だなって思いました。

でもお腹のセンサーに注意を払うことで、惰性で食べていたおせんべいのような炭水化物を減らすことに成功しました。

本当に食べたいか食べたくないかをセンサーに聞いてみると、意外に食べたくないというときが多かったのです。

また疲れているときに、甘いものがほしくなったり、食事をしたくなることも分かりました。

甘いものを食べる代わりに横になったり、散歩したりすることで、甘いものを取る必要がなくなりました。

疲れがたまらないようにスケジュールの調整にも気をつけるようになりました。

更に前日夜更かしした次の日は、午前中はゆっくり過ごすようにしました。移動手段も、できるだけ疲れがたまらないものを選ぶようにしました。


ー自分がフロー状態(ごきげん)になれるルーティンやパターンは?ー

僕の場合、食べ物で最も効果があったのは、ヨーグルトとオリゴ糖でした。

寝る前にヨーグルトを食べると、朝起きたときの感覚が明らかに違いました。目覚めがすっきりで、ごきげんなんです。

さらに運動で効果があったのが、パワーウォークです。

疲れているときでも、いや疲れていると感じるときほど、20分間ほどパワーウォークすれば気分がすっきりすることが分かりました。

パワーウォークのおかげでお腹周りの贅肉も幾分すっきりしたように思います。

サウナが瞑想であることも分かりました。サウナから水風呂のオン・オフを3セット繰り返し、楽な姿勢で休憩していると

深い瞑想に入り頭がすっきりとすることが分かりました。

こういった自分だけのパターンをコーチと一緒に組み立て、最終的に自分だけの新しいライフスタイルが確立しました。

意思の力はほとんど必要なく、自分がどんどんごきげんな(フロー)状態になっていくように感じます。

人生100歳時代に入ったと言われますが、この感じなら100歳まで豊かな人生を生きることができるように感じています。

ありがとうございました!

大手外資系生保 M社 名古屋  萩野 功 様

成果:オフィスで売上げ1位

ープログラムで感じた効果・成果とは?ー
  萩野さん:
「僕はこれまで、夜のアポイントがメインだったのですが
 自分の身体と心を整え、生活を朝型にシフトすることに成功して朝から活動ができ、それが業績アップに繋がりました。
 もともとは、朝早く起きることが苦手で、その原因は自分自身の体質だと思い込んでいました。
 でも、プログラムを受講する中で、夜のお付き合いをしながらも翌日のパフォーマンスを落とさないスキルや
 自分なりに出来そうな工夫を組み合わせると調子よく起きることが可能になり、朝自分の時間を作り出すことが出来て
 新たにアポイントをとることが出来ました。
 時間の捉え方がかわって、今までいかに時間を無駄にしていたかに気がついたのです。
 睡眠の質が上がって、日中の集中力が上がることで以前のミスが格段に減り
 名古屋オフィスで月間成績1位を取ることが出来ました。

株式会社ラーニングデザインセンター  代表 清宮 普美代様

成果

ープログラムで感じた効果・成果とは?ー

清宮さん:

「これまで私は、ほとんど身体を動かすことがなく仕事もプライベートもこなしてきました。

もともと私自身、身体は丈夫な方でハードなことも精神面で乗り越えることが出来ていたのですが

ここ2〜3年前辺りから、身体の疲労具合や脳のパフォーマンスという点で

もう1段階ステップアップしていきたいと感じるようになってきました。

なぜなら私の仕事である組織開発を行う上で、

これからの時代は個人のパフォーマンスや成長が必須であるということも肌で感じていたことも大きく影響しています。

そして、個人のパフォーマンスや成長を加速させるキー・ポイントして

「身体性」は切っても切れない重要なことになるとプログラムの中でも実感することが出来ました。

あらゆる情報があふれる時代ですが、プログラムを通じて

物を捨てる・整理することを通じて、自分の思考を整理する=多くの選択肢にエネルギーを使わないようにすることが

これからの時代にも非常に大切だと実感しました。

更に、私はパン・パスタ・小麦粉系の食事をすると日中の思考のキレ感がなくなり、

身体が重くなることも実践して体感しました。

さらに、基本的に身体を動かしたことがなかったのですがコンディションを整えるボディワークをしていき

本来の身体の状態へ戻すことで、今ではトレーニング・ヨガにも行ける状態になりました。

世の中がドンドン変化していく中

更にパフォーマンスを上げ、新しい時代を切り開く活動・仕事をするモチベーションが湧き

新規ビジネスを展開する準備をしています。

痩せるという身体づくりではなく、自分のパフォーマンスをあげる

また学習成長する大きなキーポイントとして「身体性」を通じるこのプログラムは

これからの時代の大きな可能性を秘めていると感じました。

 

大手外資系生保M社   M 様

成果:売上げ4200人中1位

ープログラムで感じた効果・成果とは?ー
森下さん:
「これまではどれだけ頑張っても業績が全国4200人中、最高でも3位という成績でした。
そして全国3位という成績を出した時は、精神的にも肉体的にも追い込まれ、倒れてしまい。。。救急車で運ばれたこともあったんです。

僕は、もともと身体を動かすことが嫌いだったので、激しくハードな筋トレで肉体を鍛えるというものではなく

日常の疲労などのリカバリー方法や、1日のパフォーマンスをあげるための朝のルーティンの作り方
さらに、食事・睡眠のスキル・身体のケアなどから自分のライフパターンを作っていくことでコンディションが整っていきました。
これまでも、大切だとはおもっていましたが
ほとんどしてこなかった自分の心身と徹底的に向き合うということをこのプログラム中は行なってきました。
環境を整え、身体を整え、そうすることで不安や雑念が以前より減って
集中できているけれどリラックスもしている状態を作ることで、パフォーマンスが圧倒的に上がったと感じています。
そのおかげで業績も4200人中1位をとることが出来ました!
今では、全国3位のときの件数の1.5倍をこなしてもまだ心身ともに余裕があります。
もう一つ嬉しいことは、プライベートも良い循環が周り、定期的に家族で海外旅行へも行くことが出来ています。」

 

毎日アジアビジネス研究所  所長  清宮克良様

私にとって「人生100年時代のバイブル」

◎体重ではなく血糖値が下がる

体重はほぼ減らないが血糖値は大幅に下がった。しかも、たった3カ月で成果が出た。

10月17日、東京都渋谷区のかかりつけの糖尿病専門病院で担当の医師が

「これはすごい」と驚きの声を上げた。

この日の検査で、3月前よりも体重は1キロしか減っていないのに、

血糖値の数値HbA1cは9.8から7.5に大幅に減っていたからだ。正常値の7.0以内まではもう少しだ。

 

◎エネルギー湧き出る感覚  

この時、Lifree社長のサトウ未来さんが話した

「(食べる)量を変えず、中身を変える」という言葉を思い出した。

そして、嬉しさとともに「これならいける」と体の奥からこんこんと湧き出る

エネルギーを感じたのだ。体と心が一体化するとはこういうことなのか。

 

そう、それは7月20日のLifreeの「Well-Being Fit プログラム」から全てが始まった。

プログラムの開発者角谷リョウさんとサトウさん。

サトウさんのファシリテートのもと、妻、息子と家族で臨んだプログラムは、

断捨離、ファスティングと「リセットで環境の最適化」から始まり

「食事の最適化」「睡眠の最適化」「身体ケアの最適化」と進んだ。

 

◎「慢性化」の転機に  

私は長期の糖尿病患者で過去に3回ほど病院に教育入院したり、

これとは別に胆嚢切除の手術後に半年間、禁酒と徹底した食事制限をして、

その都度、体重を5キロから10キロ減らし、HbA1cが7.0以下に改善した経験はあった。

しかしながら、結局、空腹感で食べてしまってリバウンドし、HbA1cがもとに戻る繰り返しだった。

「食べない」療法は結局、その瞬間は成果がでても体重も血糖値もリバウンドすると思うようになっていた。

 

◎腑に落ちるアドバイス

正直、プログラムが始まる前は、病院のように、単なる食事指導かと思い、たかを括っていた。

ところが、サトウさんのファシリテートは、実行するタスクと習慣

その振り返りを「心理学」「行動変容学」「コーチング」「脳科学」「認知行動療法」などから

実戦のトライ&エラーを通して取り入れたものだった。

 

そのうえで、サトウさんの「食べてもいいので、体の中身を変えましょう」という言葉は

ストンと腑に落ちるものだった。

 

人間は頭で分かっても腑に落ちなければ実行に移し、自律的に行動を持続できないものだ。

私は典型的なそのタイプだ。

腑に落ちた後の私は、生まれて初めて朝に野菜がたっぷり入った白味噌・赤味噌

すりおろし玉ねぎ・りんご酢の「特製味噌汁」を自分で作って飲み

パンなど炭水化物は血液を澱ませるとの潜在イメージを持たせて控えるなど

食事改善を意識的に行うことができるようになった。

 

◎睡眠に愛おしさ  

睡眠もそうだ。

私は会食などで酒を飲む機会が多く、夜はそのまま寝て朝にシャワーを浴びる生活が習慣化していた。

睡眠は起きて働くための「おまけ」程度しか考えていなかった。

その結果、酒を飲んでそのまま寝て、交感神経優位のままに朝早くに疲労感が残ったまま

目が覚めることが日常化していた。

 

それが、プログラムで良質な睡眠がいかにパフォーマンスを上げるか、

良質な睡眠をとるためにどうすれば良いのかを学ばせていただいた。

それも、サトウさんの「お風呂に入ること」の一言で腑に落ちたのだ。

お風呂に入ることが習慣化すると、アルコールを控え、良質の睡眠を意識して

暗くしてスマホを遠ざけて寝るようになり、神経の高ぶりで早くに目を覚ますこともなくなった。

サトウさんの提案で、初めて自分にフィットするオリジナルの枕を

購入してからは睡眠が愛おしい存在に思えてきたから不思議なものだ。

 

◎”生活劣等生“の自律的改善

新聞社勤務という職業柄、不規則な生活と暴飲暴食になりがちで

物事を斜に構えて見がちな思考の中で、Lifreeのプログラムとサトウさんのファシリテートは

実に「腑に落ちる」ものであり

だからこそ、”生活劣等生”の私でも意識的に改善することができたと思う。

その結果、年齢(とし)はとっても

体の奥からこんこんと湧き出るエネルギーを感じることができるたのだ。

私にとって「Well- Being Fit プログラム」は

人生100年時代のセルフマネジメントのバイブルである。

 

 

お問い合わせ